會社概要

北京十一选五 www.acbfu.com “滄州臨港陶朱化工有限會社”は2012年4月に成立し,前身は“天津市越過化工有限責任會社”で、1993年に創立したことです。

 “滄州臨港陶朱化工有限會社” マーケティング本部は天津市TEDA微電子工業區(南區)科達一路9-1075番におり,敷地面積は23000㎡,商品の販売、開発及びアフターサービスを主擔當している。生産メーカーは國家等級化學工業園區の滄州臨港経済技術開発區緯二路經三路交差點におり,敷地面積は20000㎡,天津新港と80kmばかり離れている。交通が便利で、地理上の位置條件に恵まれている。スルファニル酸とアミノアルキルベンゼンスルホン酸塩の生産に特化,年度生産高は20000トンである。

多年の経営を経て、本會社は“天津臨港商貿有限會社”及び“天津森克化工有限會社”を持ち,輸出業務と國內貿易工業製品の代理業務を経営している。“天津森克化工有限會社”は“贏創(三征)精細化工有限會社”塩化シアヌルの代理商及び“吉林康乃爾化學工業有限會社”のアニリン代理商となったことです。

本會社の主製品スルファニル酸は國內の30余り都市を覆い、アジア、ヨーロッパ、アメリカの10余り國家まで輸出していて、客様から一致の好評を受けてもらって、企業の銀行信用ランキングは“AAA”になったことである。

私達は品質第一、サービス第一、信用第一の経営理念を守って、客様に一流な化學工業製品を提供させて頂き、お互いに利益をもたらし合い、一緒に発展するように努力する。

{ganrao}